こぶししゃぶりが可愛い

実際の日付: 2013/06/26
 「ごんた」は生後 2ヶ月7日
生後2ヶ月のこぶししゃぶり

何気なく撮影していると、指を口の中に入れ始めました。
表情は柔らかいので遊んでいるのですね。
 

「こぶししゃぶり」
なんて可愛らしい響きでしょう。
 

はじめは何してんだ?と思いました。
調べると・・・個人差はあるものの多くの赤ちゃんが行う行動みたいですね。
 

手や指を発見する

これは何だ?
口に入れて舐めはじめる

形や感覚を感じる。
それらの刺激が脳を発達させ、自分の指や手をを少しずつ認識して学習していく。
そして、そのうちしゃぶること自体が楽しいと覚える。
結果、遊びとして楽しむようになる。
 

なるほど。
これも成長なんですね。
 

生後2ヶ月のこぶししゃぶり
嬉しそうなお顔
美味しいのでしょうか?
それとも
形を学習中?

「ごんた」目線で考えると
これは何だ?となる自分のパーツとしては手が一番なのかもしれませんね。
基本仰向けで上を見ている赤ちゃん。
目の前に持ってこられるのは「手」ですものね。
納得です。
 

こぶししゃぶりは離乳食までに、しなくなる子が多いそうですね。
「ごんた」のこぶししゃぶりはいつ終わったんでしょうか?
写真をざっと見た感じだと、生後半年位でしなくなったようです。
ただし、普通の指しゃぶりは残りました。
 

生後3ヶ月のこぶししゃぶり
生後3ヶ月になると
よりダイナミックに!
しゃぶり遊びしているうちに
寝てしまったのでしょうか?

予防接種と泣き顔撮影の勧め へ続く

ランキングに参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ

クリックして頂けると嬉しいです

Leave a Reply