五月人形が届いたよ

実際の日付: 2014/03/25
 「ごんた」は生後 11ヶ月6日
我が家の五月人形は大将飾り

「ごんた」は4月生まれですが、0歳時は端午の節句イベントをやっていません。
なので、1歳時が初節句になります。

とある昼下がり、大きな荷物が届きました。
“人形師 原孝洲”
はらこうしゅうと読みます。※私は知りませんでした。
五月人形が届いたようです。

五月人形が届いたよ
ダンボール二つで来ました
「ごんた」はキョトン顔
これはなんだろうね
■え、人形!

五月人形は旦那のご両親が買ってくださいました。
兜飾りか人形どっちが良いか聞かれて
「どっちでも良い」
と旦那が答えると、
「じゃ、人形にする」
と言われました。
私は、その時は特に感じるものがなかったのですが、段々と
人形・・・?
兜じゃないの?
という気持ちが大きくなってきました。
でも買って頂く物だし・・・
義両親は人形が良いって言っているし・・・
とウダウダ考えて言い出せず・・・。
3/1に買ったよ~と連絡を受けたのでした。


■五月人形を飾る由来


室内に飾る内飾り(対して外飾りとは、鯉のぼりや武者絵のぼり等)の代表格が「五月人形」です。
そもそも端午のお節句の本質とは、現代より遥かに、疫病や健康を取り巻くリスクが存在した昔において、大切な幼児の無病息災を願うことにありました。
とりわけ、江戸時代は人形(ひとがた)を形代(かたしろ:神が宿る対象)として飾る民間信仰が広まったため、勇ましい人形たちへ邪気払いをお願いしたのでしょう。
幼子へのその愛情はまさしく普遍的なもので、現代へと受け継がれています。

原孝洲ホームページから引用です。

なるほどね~。
邪気払いのお守りなんですね。
最近は兜飾りを選ぶ人が多いけど、五月「人形」というくらいだから人形も一般的なんですね。
大将飾りとは子供が鎧をかぶった大将の格好をした人形で弓太刀とセットの事が多いそうです。

■可愛い!

週末に飾ってみました。
大きすぎず小さすぎずいい感じです。
金ピカしすぎていない所もGoodです。
そして、人形がとっても可愛い!
義両親は浅草橋まで行って、色々見て歩いて決めてくれたそうです。
ありがとうございます!
価格はホームーページで調べると25万円前後!
※このモデルは今は売っていません。
お高いものなんですね。
末永く「ごんた」のお守りとして我が家で大事にさせていただきます。

大将飾りの配置
大きさはこんな感じ
黒ベースなので悪目立ちしないです

兜が良いとか思っていたことはすっかり忘れて、大将飾りのファンになりました。
大将飾り、とっても可愛いです。
オススメですよ。

赤ちゃん筆ができた へ続く

ランキングに参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ

クリックして頂けると嬉しいです

Leave a Reply